おとめクリニック 横浜市に開院予定の産婦人科

横浜市営地下鉄 センター南駅 徒歩2分
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央6-19
tel 045-943-1103

最新情報

最新情報

だしのすすめ

2014年04月10日 | コラム

0410ブログ写真.JPGのサムネイル画像

妊娠中に摂取する塩分の適量は7-10gと言われています。

妊娠高血圧症候群を予防するためにも、塩分の摂りすぎには注意が必要です。そこで、妊婦さんの食事におすすめなのは手作りの'だし'を使って料理をすることです。だしを使った料理は塩分が控えめでも、うまみがたっぷりでとてもおいしいです。出産後には、赤ちゃんの離乳食作りにもお使い頂けますので妊娠中にだしの取り方や使い方を知っておけば産後も大活躍します。市販品でもかまいませんが、食塩が多く含まれるものもあるので食塩無添加のものを選びましょう。

普段の食事にだしをとりいれて、おいしい減塩を心がけてみてはいかがでしょうか。


 

先頭へ戻る