おとめクリニック 横浜市に開院予定の産婦人科

横浜市営地下鉄 センター南駅 徒歩2分
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央6-19
tel 045-943-1103

診療案内

無痛中絶について



中絶手術をお考えの方へ

中絶手術は適切な方法で実施することで身体への負担を軽くすることができます。 望まない妊娠がわかった場合、決して一人で悩まず早めにご相談ください。ご事情のある方もお早めに一度お問い合わせください。準備が整えばご受診翌日の入院も可能です。 生活保護受給中の方もご相談ください。

母体保護法とは・・・

産婦人科ならどこでも人工妊娠中絶を受けられると思っていませんか? 人工妊娠中絶は都道府県の医師会が指定する専門の母体保護法指定医しか行えません。また、人工妊娠中絶は母体保護法第14条によって、行うことができる条件が定められています。妊娠を継続することで身体的、精神的に母体への負担が著しいと判断される場合は人工妊娠中絶が認められています。



人工妊娠中絶手術の流れを詳しくご説明します

1. お電話でのご予約   tel: 045-943-1103

まずはお電話にて診察のご予約をお願いいたします。最終月経をご確認の上、必ずご本人様よりお電話をお願いします。今後の流れについて丁寧に説明いたします。当日ご受診いただける場合もございますので、まずはお電話下さい。ご本人が思っている週数と違うことがありますので、なるべく早めのご受診をお勧めします。
診療日、診療時間外でも状況に応じて診察させていただくことがございますので、まずはご相談ください。

2. ご来院・診察

問診票の記入をお願いします。既往歴やアレルギーの有無などをお伺いします。
問診、エコー、(尿検査)等より、妊娠週数を確定します。
また、卵巣嚢腫や子宮筋腫等の合併症の有無を確認します。

3. 術前検査

医師が手術可能と判断し、手術ご希望の意思を示されましたら術前検査を行います。
血液型、感染症等を調べるため採血などの術前検査を行います。
初診時にかかる費用の目安は、初診料・術前検査料(自費)19,000円(税別)からとなります。

4. 手術日決定(手術代金お支払い)

医師より手術について説明し手術日を決めます。
その後看護師よりご入院の流れを説明させて頂きます。
手術当日は夜用ナプキン2枚、生理用ショーツをご持参ください。

銀行振込み、または窓口にて手術代金をお預かりいたします。
手術費用の目安は120,000円(税別)からとなります。
ご年齢、妊娠週数、曜日などにより費用が異なります。
手術代金につきましては、手術を取りやめ当院で分娩される場合は分娩予約金(分娩費用の一部)に充当させて頂きますが、ご自身のご都合でのキャンセルや他院で分娩される場合には返金できませんのでご注意ください。

5. 手術当日(同意書と説明)

当日は9:15に外来にお越しください。
手術同意書の確認をさせていただきます。
手術の同意にはご本人に加え、お相手の方の署名・捺印が必要です。お相手の方がご一緒のほうが望ましいですが、書面での同意の意思が確認できればご来院していただく必要はございません。
ご本人やお相手が未成年の場合は、ご相談ください。

6. 手術のための前処置

エコーで子宮の状態を確認し、子宮の出口を広げる処置を行います。
この処置を行うことにより、手術による子宮の損傷を軽減することができます。
その後病室にご案内し、点滴を行います。

7. 手術

手術室で点滴より静脈麻酔をします。音楽を聴きながらリラックスした状態で手術を受けられます。眠っている状態で手術を行いますので痛みは全くありません。手術時間はおおよそ、5分-10分程度です。

8. 手術後

お部屋に戻り数時間お休み頂きます。術後の内服薬(子宮収縮薬、抗生物質)をお渡しし、退院後の注意点などご説明させて頂きます。エコーにて退院診察を行い、退院となります。
手術当日は、自転車やお車の運転などはお控えください。

9. 術後の外来診察

約1週間-10日後、術後の回復経過を確認いたしますので必ずご来院ください。
また、ご希望の方にピル(低用量経口避妊薬)を1シート無料でお渡しいたします。服用の目的は、手術により崩れたホルモンバランスを改善しに月経周期を回復させます。月経周期の回復に伴い、子宮内膜も回復しやすくなります。避妊目的の方はもちろん、ライフスタイルに合わせて服用されることをお勧めいたします。

妊娠12週0日以降の場合(中期中絶)

中期中絶とは、妊娠12週0日から21週6日までに行う人工妊娠手術のことを言います。薬を用い人工的に陣痛を起こし、出産と同じような形で分娩する方法で中絶手術を行います。そのため数日のご入院が必要となります。ご希望があれば無痛分娩でも処置・手術を受けられます。
中期中絶は、法律で区役所への死産届の提出、赤ちゃんの火葬、埋葬が必要となります。 また、「出産育児一時金」の支給の対象になります。当院では「出産育児一時金直接支払制度」をご利用いただけますので、入院時に多額の費用をご準備頂く必要はございません。中期中絶はかかった費用を計算し、ご請求となります。入院日数などによっても大きく変わります。詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

共通のご注意

基礎疾患や合併症など、医学的理由より手術をお受けできない場合があります。 人工妊娠中絶にかかる費用は、すべて自費となりますのでご注意ください。 ご入院当日はジェルネイルやマニキュアを落とし、お化粧せずにご来院ください。 手術前日は21時までにお食事をお済ませください。 初期の中絶手術は保険証をご提示いただかなくても受ける事が出来ますが、運転免許証など公的な身分証明書が必要となります。また、その際なんらかの形で保険診療適応になった場合は、全額自費になりますのでご注意ください。 中期中絶ご希望の方で、「出産育児一時金直接支払制度」をご利用ご希望の方は必ず保険証のご提示が必要となります。詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

■一時金利用できます。
■直接支払い制度を利用できます。
*クリニックによっては出産育児一時金を利用できないところもありますが、おとめクリニックでは利用いただけます。
*また一旦高額の代金を支払うことが必要なところもありますが、おとめクリニックでは差し引いてお支払いいただく直接支払い制度が利用いただけますので、代理で2ヶ月立て替えいたします。

1. 学校や職場に知られる心配はないのでしょうか。

医療スタッフには、職務上知り得た秘密を守る義務(守秘義務)がありますのでご安心ください。 またおとめクリニックでは病棟エリアは厳重なセキュリティー管理をしておりますのでカードキーがないと出入りができません。またご本人の許可なくご面会の方をご案内することはございません。

2. 痛みはありますか。

手術の前にエコーで再度確認をした後に、子宮の出口を広げる処置をします。個人差はありますが、その時に少しチクチクとした痛みがあります。手術は眠っている間に終わりますので、痛みは全く感じません。手術後は軽い生理痛のような痛みが2-3日くらいで終わります。

3. 費用はどのくらいかかりますか。

ご年齢、妊娠週数、曜日によって変わってきますが、120,000円(税別)からです。ご本人が思っている週数と違うことがありますので、なるべく早く受診されることをおすすめいたします。

4. 中絶できる時期はいつまでですか。

母体保護法により21週6日までと定められております。 妊娠週数が大きくなるほどお身体の負担が大きくなるため早めの受診をお勧めいたします。

5. 手術の時間はどのくらいですか。

日帰り手術の場合、5-10分くらいで終わります。

6. 手術後日常生活で気をつけることはありますか。

日常生活は特に制限はありません。旅行、スポーツ、性交渉、入浴は手術後の外来診察まではお止めください。それまではシャワー浴にしてください。

7. 次の生理はいつ頃きますか。

手術後1-2ヶ月程で来ることが多いですが、もし2ヶ月以上経過しても生理が来ない場合はご相談ください。

8. 中絶手術をすると今後妊娠できなくなりますか。

一度中絶あるいは流産しただけで、不妊になる可能性はありません。しかし何度も繰り返すと悪影響を与えるといわれています。当院ではピル(低用量経口避妊薬)をおすすめしております。手術後ご希望の方に1シート無料でお渡ししております。

9. 出血はありますか。

生理様の出血が1週間程で止まります。生理より多い出血がございましたらクリニックにご連絡ください。

10. 入院が必要ですか。

日帰りで手術できます。早い方で昼過ぎ、遅くても夕方にはお帰りいただけます。12週以降の中期中絶では入院が必要になります。早めの受診をおすすめしております。

11. 付き添いは必要ですか。

緊急事態が発生した際に、ご家族の方に必ずご連絡が取れるようであれば手術時の付き添いは不要です。付き添いをご希望の方は、個室(別途20,000円)をご利用ください。

望まない妊娠がわかった場合、決して一人で悩まず早めにご相談ください。
ご事情のある方もお早めに一度お問い合わせください。
お電話でのご予約 tel: 045-943-1103

先頭へ戻る